NEW POST

【ご案内】井戸川克隆さん(前双葉町長)講演会&原発賠償裁判・京都原告団を支援する会結成集会

a0224877_15284097.jpg



政府・東電に加害責任あり!
避難の権利・幸せに生きる権利を!

<1部>井戸川克隆さん(福島原発事故放射能被曝者・前双葉町長)講演会
<2部>原発賠償裁判・京都原告団を支援する会結成集会

日時:10月20日(日)13:30開場
場所:京都テルサ第2会議室


JR京都駅から南へ徒歩15分
http://www.kyoto-terrsa.or.jp/access.html

参加費:一般500円・避難者は無料


<関連企画>大阪集会10月19日(土)13時30分開場
LAGセンター(大阪市城東区蒲生1-6-21)
(JR・京阪「京橋駅」から、東へ徒歩7分)
http://hinankenri.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆井戸川克隆さん(福島第一原発事故放射能被曝者)

 2005年10月から2013年2月まで福島県双葉町長。3・11原発事故後、県外避難を決断しさいたま市のスーパーアリーナに、4月には埼玉県加須市にある旧騎西高校に役場機能を移転。当初は1400人が避難。12年11月双葉郡に中間貯蔵施設の設置を検討する会議の欠席を契機に議会で不信任決議があがり辞職。福島の実情を訴えるため、12年10月、13年5月に国連人権理事会総会に出席。「事故は非合法、放射能の存在そのものが違法であり、犯罪である」と東電、政府の責任を追及し、今も東奔西走している。
+++++ +++++ +++++ +++++

◆避難の権利について

 2013年5月24日、国連人権理事会アナンド・グローバー氏が福島現地調査に入り、「健康を享受する権利を保障しなければならない。年間1mSV以下および可能な限り低い値で帰還を推奨されるべき。政府はその間、帰還するか避難し続けるかを自発的に決めるために、すべての避難者に金銭的な援助および給付を提供し続けるべきである」と日本政府に勧告を出している。

京都テルサの地図
a0224877_15324046.png


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<主催>うつくしま☆ふくしまin京都/原発賠償裁判・京都原告団を支援する会準備会

<連絡先>〒612-8082京都市伏見区両替町9丁目254北川コンサイスビル203号
tel:090-8232-1664(奥森)・070-5664-2713(佐藤)
e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



ちらしはこちら

[PR]
トラックバックURL : http://utukushima.exblog.jp/tb/18687187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by fukushimakyoto | 2013-10-20 13:30 | 避難する権利と賠償問題 | Trackback | Comments(0)

福島原発事故、東日本大震災により京都に避難してきている避難者と支援者でつくっている「うつくしま☆ふくしまin京都」のブログです


by fukushimakyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31