NEW POST

15日の福島県行動の報告(阿部)

始めまして、桃山に避難している阿部亜紀と申します。

今までは避難生活を維持するだけで何も要請行動などしなかった私ですが、何
かと被災者の為にと尽力してくださる奥森さんが生活の基盤である無料住宅延
長のお話をされると聞いて、現状はとても厳しいもので来年度で区切りをつけ
られた私家族は経済的に余裕もあるわけでなく、今度福島県に交渉に行くのに
同行できる避難者を募っていたので軽く同意して参加する運びとなりました。

福島県に限らず東日本大震災被災者若しくは原発事故被災者の支援を国や県行
政が行なっていて、予算の都合上今までの慣例に準拠して住宅の延長の区切り
が来年度までとなり、すでに期限が一年を切る今、全国から集まった四万筆を
超える賛同者の想いを県の担当者にそれぞれ両手に持てるだけの厚み20cm以上
を一言添えてお渡ししました。普段の緊張感の無い日常生活ではあり得ないほ
ど手が震えました。避難者や支援者の方々の悲痛な心情が紙に乗り移ったと想
いました。

その後で対面しての話し合いでは、今の段階では何も決定されておらず具体的
な話は出来ないと担当者からの冷たい返事でした。折角京都から遠路遥々、京
都の支援者のみなさまの尊いカンパ金から旅費に充ててやっと訪ねたというの
に。
余りにもあっけない対応に、私達は非常に怒りが収まらず、怒号が混じる交渉
が続き、此方の男性陣の奥森氏や鴨下ご夫妻の援護射撃の結果一週間後に協議
の内容を回答すると、予想よりかなり残念な結果になりました。

去年から署名を届けられていた鴨下夫人の感想では署名数が2倍以上になったも
のの昨年度の対応より明確に返答がなかったと不安を感じておられました。事
前に内閣府へ交渉に行かれた折に国の話では福島県がいいと言えば延長が決ま
ることなので県に聞いて来いと。そして、いざ福島県に聞くと国と協議してい
る段階。いつ頃決まるか問いただしても、話は平行線のまま。県の担当者は、
私達の言い分は十分に承知している私も福島県人で辛いのだとあちらも人情論
に訴えるだけ。県の担当者を真直で見ていた私は建前で話をしていてただ時が
過ぎるのを待っているように感じていた。その後の記者会見の予定もあり、一
週間後に何らかの回答をする確約を取り付け、いざ記者会見の場へ移動。

交渉時の白熱した空気とは打って変わって私達避難者の自己紹介の後質疑応答
となるが、矢継ぎ早に質問が出るというのでもなく淡々と時間が過ぎていた。
私達京都のお母さん達だけっだたなら自分の日頃の苦しい想いを半分も伝えら
れなかったと感じました。記者の質問にもカメラの前では緊張して私は一言も
話せなくて支援者の皆さんに応える事が出来ませんでした。すみませんでした。
交渉に経験のある奥森氏や鴨下夫妻、そして司会進行役の女性の方のフォロー
が有難かったです。オフレコの話で山本太郎議員の活動で国と県の協議内容の
件、いつも通りのお役所の本音と建前が見え隠れしていました。日頃からお世
話になっている奥森氏は何としても私達避難者や現在避難も出来ずに我慢して
いる東日本の家族を守る為にと、さらなる行動を模索しておられました。一人
の力は微々たるものだけれど、四万筆を超えた方々の為にも諦めずに今度は住
居地の京都市や京都府へとまたお願いに参ります。

皆様 貴重なお金で福島に行くことが叶いました。故郷は震災時からだいぶ景色
が様変わりしていました。福島市街地の中にむき出しであった除染した、土壌
や瓦礫の低レベル放射能廃棄物は年月を経て表面が日光による覆いが劣化によ
り穴が空き、物質が風により出ていて問題があったものを、今度は信夫山の麓
の空き地一角に緑の広大な簡易テントで覆っていました。肝心の数値は測定器
が電池切れで分からなかったけど、施設そばの噴水で暑さ逃れの為か、女子高
生2人が遊んでいました。私はこの情景をみて本当のことを知らないが故に根拠
もなく安全だと流布され生活している福島の人達が不安の無い空気を当たり前
に呼吸できる世の中になってくれたらと思いました。
[PR]
トラックバックURL : http://utukushima.exblog.jp/tb/21246023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by fukushimakyoto | 2015-05-16 00:04 | 避難用住宅問題 | Trackback | Comments(0)

福島原発事故、東日本大震災により京都に避難してきている避難者と支援者でつくっている「うつくしま☆ふくしまin京都」のブログです


by fukushimakyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30