NEW POST

【ご案内】6・9ひなん生活をまもる会主催・緊急院内集会にご参加ください!

a0224877_22304830.png

みなさま
うつくしま☆ふくしまin京都の奥森です。

避難用住宅の打ち切りの報道を受けて、避難者団体・ひなん生活をまもる会が、
打ち切り反対、長期・無償延長を求める院内集会を開きます。
ぜひ、多くの市民の皆様の出席をお願いします。

京都からも避難者が参加予定です。
ぜひ、全国からの結集をお願いします。

------------------------
「避難用住宅の無償提供の打ち切りに反対し、撤回を求める院内集会」の開催
について

ひなん生活をまもる会

 私たちは、福島原発事故のため、首都圏に避難している避難世帯のグループ
です。
 このほど、原発事故のため政府による避難等の指示・勧告を受けた区域以外
の地域から避難している「区域外避難者」(いわゆる「自主避難者」)に対す
る応急仮設住宅(みなし仮設住宅を含む)の提供を平成29年3月末で打ち切
るという報道がなされています。
 打ち切りの報道は、原発事故避難者の要望とは真逆であり、避難者は困惑し
ています。
 そこで、わたしたちは、下記のとおり、院内集会を開くことにしました。政
治の場でわたしたちの声を上げることで、区域外避難者に対する応急仮設住宅
の打ち切りを阻止し、長期・無償の住宅提供を実現させていきたいと思います。
 原発事故の避難者は、被ばくを少しでも軽減したい、2次災害の危険から逃
れたいと願っています。福島県からの県外避難者は公称4万6000人。その
多くが区域外避難者といわれています。しかし、区域外避難者には、夫婦が別
居して二重生活の世帯も多く、十分な賠償金も受け取れていません。みなし仮
設住宅の提供が打ち切られれば、生活が成り立たちません。そこで、原発事故
避難者の多くが、みなし仮設住宅の長期延長を求めています。日弁連も、原発
事故避難者について長期・無償の住宅提供が必要であるとの意見書を出してい
ます。長期・無償の住宅提供を求める私たちの署名は44978筆も集まりました。
応急仮設住宅の提供は都道府県知事が行っていますが、期間延長には内閣総理
大臣の同意が必要であるなど、国政の問題です。現に、住宅の打ち切りをめぐ
って、国と県が協議されているといわれ、事実上、国の政策によって避難者の
運命が左右されている状況です。
 ぜひ、全国の避難者・支援者の皆さんに多数参加くださいますようお願いし
ます。 

              記

日 時    平成27年6月9日(火) 12:00 ~14:00
場 所    参議院議員会館 1階 101会議室
内 容    避難用住宅の無償提供の打ち切りに反対し、撤回を求める院内
集会
       具体的要望/参加国会議員挨拶/など

※ 参加希望者は、11時30分から、スタッフが参議院議員会館1階ロビー
で入館証を配布いたしますので、手荷物検査を受けてロビーに来てください。
予約は不要です。入館の際、手荷物検査がありますので、時間には余裕を持っ
てお越しください。

案内文書はこちらから
[PR]
トラックバックURL : http://utukushima.exblog.jp/tb/21305543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by fukushimakyoto | 2015-06-09 12:00 | 避難用住宅問題 | Trackback | Comments(0)

福島原発事故、東日本大震災により京都に避難してきている避難者と支援者でつくっている「うつくしま☆ふくしまin京都」のブログです


by fukushimakyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30