NEW POST

【避難世帯へ重要なお知らせ】ひなん生活と住まいの相談会の開催&週一電話・来所相談を始めます!

a0224877_13452827.png
a0224877_00151972.png
福島県から京都府内に避難しているみなさまへ
- どう考える 避難住宅の来年3月末終了と福島県の支援策 -
ひなん生活と住まいの相談会 

 福島県は昨年12月25日、「帰還・生活再建にむけた総合的な支援策」を発表し、本年1月から「住まいに関する意向調査」を実施しました。その結果では、県外避難者の78.5%が2017(平成29)年4月以降の住宅が決まっていないと回答しています。福島県は、避難先自治体と一緒に「住宅が決まっていない世帯」の訪問も始めています。
 こうした状況の中で、避難者一人ひとりが納得できる解決をめざして、今年2回目となる「住まいの相談会」を開催することになりました。不安に思っていることなど、なんでもご相談いただけます。参加費は無料です。お誘いわせの上、ぜひご参加ください。

●参加費無料・個別相談OK
●申込先 rentai@s3.dion.ne.jp
●6月25日(土) 10:00~12:00 京都文教大学マイタウンMJ
       (向島ニュータウン近商ストア向かい)
●7月10日(土) 13:30~15:00  京都市呉竹文化センター 2階第3会議室
       (近鉄・京阪丹波橋駅下車すぐ)
 お知らせ
●週一回の「電話・来所相談」を始めます。 
 5月23日(木)から毎週一回、電話・来所相談を開始します。午前10時から午後3時までの時間帯で実施しますが、相談日により変更がありますので、詳しくはチラシ裏面の「6・7月スケジュール」をご覧ください。
 相談のある方は、相談専用番号におかけください。当会相談員が折り返しお電話をいたします。秘密は厳守しますので、安心してご相談ください。

●埼玉県の独自支援策について
 埼玉県は県営住宅に区域外避難者(いわゆる自主避難者)用の特別枠を設け、今年度100戸を用意しています。自主避難者の一般公募については2割増しの優先倍率を設け、応募回数により4割増し、6割増しと優先倍率があがっていくそうです。 
 また、応募して当選した場合は、現在住んでいる住宅に振り返ることができる制度(引っ越さなくていい)が実現しました。京都府・市でもぜひ実現したいですね。+

+++++++++++++++++++++++++
うつくしま☆ふくしまin京都
〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254
 北川コンサイスビル203号
 http://utukushima.exblog.jp/  
 e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp
 tel:090-8232-1664(奥森)・fax:0774-21-1798
[PR]
トラックバックURL : http://utukushima.exblog.jp/tb/22913793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by fukushimakyoto | 2016-06-25 10:00 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

福島原発事故、東日本大震災により京都に避難してきている避難者と支援者でつくっている「うつくしま☆ふくしまin京都」のブログです


by fukushimakyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30