「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:主催イベント案内&報告( 67 )

うつくしま☆ふくしまin京都 1月~3月 活動予定

うつくしま☆ふくしまin京都

1月~3月の活動予定

●避難者相談日(電話・来所もOK)
 相談専用ダイヤル 070-5505-3191

<1月>
 1月12日(木)10:00~15:00
 1月18日(水)10:00~15:00
 1月30日(月)10:00~15:00

<2月>
 2月 1日(水)10:00~15:00
 2月 8日(水)10:00~15:00
 2月23日(木)10:00~15:00

<3月>
 3月 1日(水)10:00~15:00
 3月16日(木)10:00~15:00
 3月23日(木)10:00~15:00

●ほっこりカフェ
 1月25日(水)10:30~12:00 事務所
 2月22日(水)10:30~12:00 事務所
 3月22日(水)10:30~12:00 事務所

 参加費無料。飲み物を準備しています。
 差し入れ大歓迎です。
 ++++
 避難者と地元市民がほっこりと交流します。
 相談員が同席しますので、いろんな悩み事も相談できます。

●事務局会議
 日時:1月15日(日)13:00~14:30 事務所  → 終了しました!
 議題
:1)2016年度活動総括と2017年度活動方針
     2)決算見通しと予算案について
     3)2017年度役員体制の検討
     4)規約改正の検討
     5)第3回総会及び活動報告会&学習会の開催について
     6)会議日程の確認
     7)その他
     
●2017年度第3回総会について
 日時:2月3日(金)19:00~ 事務所 → 終了しました
 議案:1)議案提案
    ・206年度活動総括と2017年度活動方針案
    ・2016年度決算と2017年度予算案
    ・2017年度役員体制案
    ・規約改正案
    ・当面の活動方針(案)
    2)質疑・討議
    3)採択

●2016年度活動報告会&避難者お話会 → 内容が変更になりました!
 日時:2月26日(日)13:30開場・14:00開会・16:30終了予定
 場所:京都市呉竹文化センター 2階 第1会議室
 内容:テーマ「
原発事故から6年、避難者は今何を求めているか
    1部14:00~ 活動報告&避難者のお話会
    2部15:30~ 避難生活と住まいの相談会
    *避難者には滋賀県産のお米の抽選があります!  


[PR]

by fukushimakyoto | 2017-03-31 23:59 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

【お知らせ】原発事故から6年 今避難者は何を求めているか?(2月26日午後2時~ 京都市呉竹文化センター会議室)

a0224877_12202221.png
a0224877_12203721.png

[PR]

by fukushimakyoto | 2017-02-19 12:27 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

【お知らせ】原発事故から6年 今避難者は何を求めているか?(2月26日午後2時~ 京都市呉竹文化センター会議室)

a0224877_12202221.png
a0224877_12203721.png
みなさま  うつくしま☆ふくしまin京都の奥森です。パソコン不調で、直前の連絡となって大変すみません。活動報告・お話会&住宅問題説明会を開催します。ぜひ、ご参加ください。避難者の方には、お米の抽選もありますよ。+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++原発事故から6年!今避難者が求めているものは?1部)活動報告会&避難者お話会2部)避難生活と住まいの相談会+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◆日時 2月26日(日)13時30分開場・14時開会◆場所 京都市呉竹文化センター(2階)第1会議室    (京阪電車・近鉄電車「丹波橋」駅西口出口すぐ)◆内容  テーマ「原発事故から6年!今避難者が求めているものは?」 14:00~ 第1部)活動報告&避難者のお話会  15:30~ 第2部)避難生活と住まいの相談会◆参加費 一般500円、避難者無料 *以前のお知らせと内容が変わりました!「原発事故から6年!今避難者が求めているものは」をテーマに、避難者のお話会と住まいの相談会を下記のとおり開催します。 1部は、当会の活動報告と避難者のお話を通じて、避難生活が長期化する中で実情をお伝えし、今後の取り組みを話し合って行けたらと思います。 2部では、みなし仮説住宅打ち切り後の京都府・京都市の支援策を説明します。個別の相談にも応じます。また、参加された避難者を対象に「滋賀県産のお米」の抽選会を行います。ぜひ、ご参加ください!++++++++++++++++++++■ 避難者への住宅支援 京都府が発表!(2/7) 府が発表した内容は、「入居から6年間」の無償提供修了後の独自支援策として、「同じ住宅に1年間の負担軽減措置(家賃の1/2補助)を講じた上で、2019年3月末までの間、有償による継続入居ができるようにする」というものです。 また、この期間中に引越した場合は、「上限5万円の補助を行う」としています。「現在の住居に住み続けられる」ことは大きな前進ですが、そもそも家賃の額が高額であれば負担は大きく、2年間という期限付きの延長であることなど、課題もあります。 ぜひ、上記相談会にご参加ください!+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++■ほっこりカフェのお知らせ◆日時:2月22日(水)10:30~12:00◆場所:当会事務所◆参加費:300円 ほっこりカフェは、避難者と地元市民が集い、交流や相談をするところです。ひなん生活のことや住宅のこと、子どもの進学ことなど、いろんな悩みが出し合えたらと思います。 ほっこりカフェには、当会の相談員が参加します。おいしいお茶とお菓子を用意してお待ちしています。ぜひ、ご参加ください!


[PR]

by fukushimakyoto | 2017-02-19 12:27 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

【ご案内】原発事故避難者のみなし仮設住宅の打ち切りを考える  いのちと避難生活をまもる第6回京都公聴会

a0224877_00054767.png
原発避難者のみなし仮設住宅の
打ち切りを考える

いのちと避難生活をまもる第6回京都公聴会
 ●日 時 11月13日(日)13:00開場 16:45終了
 ●場 所 京都市呉竹文化センター 2階 第1・2・3会議室
      (近鉄・京阪丹波橋駅西口出口すぐ)
 ●参加費 一般700円・避難者300円
 ●プログラム(予定)案
   13:30 開会/福島県、京都府・市交渉の報告
   14:00 避難者の訴え 15:00
   講演:みなし仮設打ち切りの法的
問題点(仮題)
   講師:井戸謙一さん(滋賀県弁護士会)
   16:00 質疑・討議

16:45 終了

 原発事故による避難指示区域域外からの避難者に対するみなし仮設住宅(以下、避難住宅)が来年3月末で打ち切られようとしています。福島県が発表した民間賃貸住宅家賃補助を柱とした「新たな支援策」は、「収入要件」があるため、一部の避難者しか対象となりません。また、対象となったとしても、補助額は1年目1/2(上限3万円)、2年目1/3(上限2万円)と低く、2年間で終了します。一人親世帯や所得の低い世帯は、支援策の終了後、家賃全額を負担することができないため、避難住宅が打ち切られても民間住宅に移ることができません。

 多くの避難者は、現在住んでいる公営住宅等に住み続けることを希望しています。しかし、「原発事故子ども被災者支援法」に基づく住宅支援は、事故当時に福島県の浜通り・中通りに住んでいた世帯だけが、優先入居の対象となっているにすぎません。優先枠が少なければ、公営住宅へ入居することはきわめて困難です。

 この間、私たちは福島県や避難先自治体と話し合いを重ねてきました。また、府内の地方議会に対して、「避難住宅の無償提供の延長」を求める請願を行ってきました。

 しかし、現状では国と福島県による避難住宅の打ち切りを撤回させることができておりません。このままではどこにも住むところを確保できずに、路頭に迷う避難者が出かねません。まさに、多くの区域外避難者が命を脅かされているのです。

 以上のことから、避難住宅の打ち切りの問題点を考える民間公聴会を開催します。行政関係者や地方議員へも参加を呼びかけています。みなさま、お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

++++++++++++++++++++++++++++++
うつくしま☆ふくしまin京都-避難者と支援者のネットワーク
 〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1
        コーポ桃山105 市民測定所内
e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp
 Tel:090-8232-1664 (奥森、夜間のみ)
 Fax:0774-21-1798

公聴会のチラシはこちらからダウンロードできます!

[PR]

by fukushimakyoto | 2016-11-13 13:30 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

【ご案内】原発事故避難者のみなし仮設住宅の打ち切りを考える  いのちと避難生活をまもる第6回京都公聴会(仮称)

みなさま
奥森と申します。

 原発事故による(避難等指示)区域外からの避難者に対するみなし仮設住宅が来年3月末で打ち切られようとしています。福島県が発表した民間賃貸住宅家賃補助を柱とした「新たな支援策」は、交渉の中で一定緩和されたとはいえ「収入要件」があるため、一部の避難者しか対象となりません。たとえ対象となったとしても、家賃補助額が1年目1/2(上限3万円)、2年目1/3(上限2万円)と低く、2年間で終了します。
 
 一人親世帯や所得の低い世帯は、支援策の終了後、家賃全額を負担することができないため、みなし仮設住宅が打ち切られても民間住宅に移ることができません。

 多くの避難者は、現在住んでいる公営住宅などに住み続けたいと希望しています。しかし、「原発事故子ども被災者支援法」の基本方針に基づく現在の制度では、原発事故当時に福島県の浜通り、中通りに住んでいた方だけが、公営住宅の優先入居の対象となっているにすぎません。浜取り、中通りの人も優先枠が少なければ公営住宅への入居も困難となります。

 この間、私たちは避難者とともに、福島県交渉交渉を重ね、避難先自治体である京都府や京都市とも話し合いを持ってきました。また、府内の地方議会に対して、「避難用住宅尾無償提供の延長」を求める請願や意見書採択の取り組みを行ってきました。

 しかし、現状では国や福島県のみなし仮設住宅の打ち切りを撤回できておりません。このままでは、どこにっも住むところを確保できずに、路頭に迷う避難者が出かねません。まさに、多くの区域外避難者が命を脅かされているのです。

 以上のことから、下記のとおり、みなし仮設住宅の打ち切り問題に絞った民間公聴会を開催します。準備が遅れていますが、とても重要な取り組みとなりますので、みなさま、お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 行政の担当者や地方議員にも参加を呼びかけていきます。


●名 称  
 原発事故避難者のみなし仮設住宅の打ち切り を考える
 ~いのちとひなん生活をまもる第6回京都
  公聴会(仮称)

●日 時
 11月13日(日)13:00開場 16:30終了予定

●場 所
 京都市呉竹文化センター 2階 第1・2・3会議室
 (近鉄・京阪丹波橋駅西口出口すぐ)

●参加費  一般700円・避難者300円

●内 容
 1)事務局から経過報告
 2)みなし仮設住宅打ち切りの法的問題点
   (仮題)(講師依頼中)
 3)避難者の訴え(15分×2人か3人)
 4)避難計画から避難の権利、住宅問題を考   える(仮題)(講師依頼中)
 5)質疑・応答
 6)まとめ



[PR]

by fukushimakyoto | 2016-11-13 13:15 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

第3回納涼の夕べの報告です!

8月27日
うつくしま☆ふくしまin京都主催の
『第3回納涼の夕べ』が伏見区の避難者用集合住宅の敷地内で開催されました。

避難者 11世帯26人、支援者6人
総勢32人が参加。

3.11の震災で避難したみなさんに楽しい夏を過ごして欲しいという想いから
2013年、2014年、そして今年2016年納涼祭が行われ3回目。
a0224877_12211382.jpg
サーバーを借りての生ビールはパパ、ママのお楽しみのひとつです。渇いた喉を潤し、京都の暑さを忘れさせてくれました。日本酒ではなんと『獺祭』がありお酒好きな方に喜ばれました。
パパ、ママ達は次第に酔いもまわり、会話が弾みます。
a0224877_12220299.jpg
子ども達は出来立ての美味しい焼きそば、ウインナー、唐揚げ、枝豆、とうもろこ等を食べ、種類豊富なジュースも飲み、お腹いっぱいになりました。
ヨーヨー釣りや花火、ママ達からの紙芝居、読み聞かせなどの企画、恒例のジャンケン大会ではお米、お野菜、手作りの陶器、図書カードなどの景品が勢ぞろい。
景品をゲットできた参加者は好きな商品を選びにっこり笑顔。
たくさんの笑いに包まれました。
a0224877_12214759.jpg
福島県が示した住宅無償提供打切り発表後、引っ越しをされた方々も多く、参加数はかなり減少してしまいましたが、お互いの今後の住まいについての情報交換や心情を聴きあったり、子育て、仕事、お金などについてゆっくり話す機会ができてお喋りは止まりませんでした。
その横で子ども達は夜更かしができて大はしゃぎ。
みなさんで過ぎ去る夏の夜を楽しみました。
a0224877_12214237.jpg
a0224877_12220985.jpg
★うつくしま☆福島in京都のスタッフの皆様の
温かな企画に感謝します。
今後とも避難者の歩みに寄り添って頂けますよう希望します。

ありがとうございました。


[PR]

by fukushimakyoto | 2016-09-03 00:00 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

お手伝いしていただける方を募集しています! 第3回納涼の夕べ

避難者のみなさま ご参加ください。支援者のみなさま お手伝いください。

午後3時から準備を始めますので、集会所前に集合してください!

みんなで楽しみましょう!

a0224877_16361179.png
[PR]

by fukushimakyoto | 2016-08-27 16:00 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

【ご案内】福島の今を知る交流会 お話:福島県三春町の写真家 飛田 晋秀さん

a0224877_21425342.png
原発事故から5年、福島の今を知る交流会
お話 写真家 飛田晋秀さん(福島県三春町在住)
  ●2016年7月24日(日)10:00~12:00
  ●京都文教大学サテライトキャンパス伏見大手筋
     大手筋商店街 そば処「伏見さらしな」の2階
  ●参加費 一般700円、避難者・学生300円


<写真家 飛田晋秀さんのご紹介>
 私は福島県三春町生まれ・在住の写真家です。
元々は日本の職人さんの撮影を専門にしていたプロカメラマンです。福島第一原発の事故後に現地の状況がどうなっているか、写真を通じてみなさんにお知らせしています。
3.11の重大な事故後の状況を撮影して、「事故を風化させない」、そして「事故後の状況をありのままに知ってほしい」、「福島県民の思いを知ってほしい」という思いでいます。
地震で倒壊した家屋、荒れ果てた常磐線の駅、津波で破壊された漁業施設、野生化した家畜、耕作が放棄されている田畑は雑草が伸び放題になっている、などなどを知っていただき私たち日本人の記憶に残していきたいと思っています。
 また、現在も15万人余りの方々が狭く不便な仮設住宅での避難生活を強いられています。
 こうした現状を知っていただくために、私は日本各地で写真展と講演会を行っています。
 次世代への警鐘として、将来の日本のすがたを考える糧として、そして、何よりも東北の復興と福島の再生を願って、このサイトを通じて訴えていきたいと思います。
 福島の現実を風化させないために、これからも続けて行きますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。                           
     http://www.hida-fukushima.com/index.html      飛田 晋秀
[PR]

by fukushimakyoto | 2016-07-12 21:52 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

【避難世帯へ重要なお知らせ】ひなん生活と住まいの相談会の開催&週一電話・来所相談を始めます!

a0224877_13452827.png
a0224877_00151972.png
福島県から京都府内に避難しているみなさまへ
- どう考える 避難住宅の来年3月末終了と福島県の支援策 -
ひなん生活と住まいの相談会 

 福島県は昨年12月25日、「帰還・生活再建にむけた総合的な支援策」を発表し、本年1月から「住まいに関する意向調査」を実施しました。その結果では、県外避難者の78.5%が2017(平成29)年4月以降の住宅が決まっていないと回答しています。福島県は、避難先自治体と一緒に「住宅が決まっていない世帯」の訪問も始めています。
 こうした状況の中で、避難者一人ひとりが納得できる解決をめざして、今年2回目となる「住まいの相談会」を開催することになりました。不安に思っていることなど、なんでもご相談いただけます。参加費は無料です。お誘いわせの上、ぜひご参加ください。

●参加費無料・個別相談OK
●申込先 rentai@s3.dion.ne.jp
●6月25日(土) 10:00~12:00 京都文教大学マイタウンMJ
       (向島ニュータウン近商ストア向かい)
●7月10日(土) 13:30~15:00  京都市呉竹文化センター 2階第3会議室
       (近鉄・京阪丹波橋駅下車すぐ)
 お知らせ
●週一回の「電話・来所相談」を始めます。 
 5月23日(木)から毎週一回、電話・来所相談を開始します。午前10時から午後3時までの時間帯で実施しますが、相談日により変更がありますので、詳しくはチラシ裏面の「6・7月スケジュール」をご覧ください。
 相談のある方は、相談専用番号におかけください。当会相談員が折り返しお電話をいたします。秘密は厳守しますので、安心してご相談ください。

●埼玉県の独自支援策について
 埼玉県は県営住宅に区域外避難者(いわゆる自主避難者)用の特別枠を設け、今年度100戸を用意しています。自主避難者の一般公募については2割増しの優先倍率を設け、応募回数により4割増し、6割増しと優先倍率があがっていくそうです。 
 また、応募して当選した場合は、現在住んでいる住宅に振り返ることができる制度(引っ越さなくていい)が実現しました。京都府・市でもぜひ実現したいですね。+

+++++++++++++++++++++++++
うつくしま☆ふくしまin京都
〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254
 北川コンサイスビル203号
 http://utukushima.exblog.jp/  
 e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp
 tel:090-8232-1664(奥森)・fax:0774-21-1798
[PR]

by fukushimakyoto | 2016-06-25 10:00 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

【ご案内】「原発事故による低線量被ばくの健康被害を考えるー第5回京都公聴会」にご参加ください!

a0224877_213031.png


原発事故による低線量被ばくの
健康被害を考える

いのちと避難生活をまもる第5回京都公聴会


参加申し込みは、こちらでうけつけています。
こくちーず http://kokucheese.com/event/index/391797/


日時
4月24日(日)12:45開場
13:00支援する会総会・13:30公聴会開会
場所
ハートピア京都大会議室
京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車5番出口
(地下鉄連絡通路にて連結)
参加費
一般1,000円、避難者300円

内容
講師 井戸謙一さん(弁護士)
講演 「司法から原発事故・低線量被ばくを考える」(仮題)

講師 飛田晋秀さん(写真家、3・11甲状腺がん家族会副代表)
講演 「『甲状腺がん家族の会』が求めていること」(仮題)

*京都・大阪に避難している方からお話していただきます!

*詳細はこちらをご確認ください!
 http://utukushima.exblog.jp/


+++++++++++++++++++++
 井戸弁護士のご紹介
a0224877_2191441.jpg


 1979年裁判官任官。2006年3月24日金沢地裁で裁判長として、北陸電力志賀原発2号機の運転差止め訴訟で請求認容判決を言い渡す。2011年3月31日退官、現在滋賀弁護士会所属の弁護士。
 現在、担当している主な事件は、(1)子ども脱被ばく裁判(福島地裁)(2)若狭の原発の再稼働差止め請求事件(本訴・仮処分)(大津地裁)(3)自主避難者の東電に対する損害賠償請求事件(京都地裁⇒大阪高裁)など。3月9日には、大津地裁で高浜原発3・4号機運転差し止めの仮処分決定をかちとっている。

+++++++++++++++++++++
 飛田晋秀さんのご紹介
a0224877_2183724.jpg


 福島県三春町生まれ・在住の写真家。元々は日本の職人さんの撮影を専門にしていたが、福島第一原発の事故後は、福島の状況がどうなっているのか、写真を通じて発信し続けている。
 飛田さんの元には、原発事故後に進行する健康被害の実態が数多く寄せられている。フライデーに掲載された20歳女性(事故当時中学3年生)の甲状腺がんの手術-治療の真実を伝える写真は、見るものに大きな衝撃を与えた。
 飛田さんは、「3・11甲状腺がん家族の会」の設立に深くかかわり、現在副代表をつとめている。

++++++++++++++++++++++++++
うつくしま☆ふくしまin京都
原発賠償訴訟-京都原告団を支援する会

  京都市伏見区両替町9丁目254北川コンサイスビル203e-   
  mail:rentai@s3.dion.ne.jp  tel:090-8232-1664

第5回公聴会のチラシはこちらからダウンロードできます!
[PR]

by fukushimakyoto | 2016-04-24 13:00 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)