「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

【近づいてきました】京都(関西)に市民放射能測定所を!キックオフ集会&食品測定会にご参加を

a0224877_11191334.jpg

京都(関西)に市民測定所をつくろう!
キックオフ集会&食品測定会


日時:11月27日(日)13:30~16:30
場所:京都JA会館・602~604

京都市南区東九条西山王町1・京都駅八条口から徒歩5分・
http://kyoto-ja-kaikan.com/access.html

参加費:1000円(避難者500円)


 福島原発事故(人災)による放射能汚染は広範囲に広がっており、私たちは放射能と向き合って生きていくことを余儀なくされています。

 関西圏においては、現在のところ空間線量に大きな変化はなく、土壌についても深刻な汚染は見つかっていません。しかし、「暫定基準値以下」の汚染食品が流通し、大人もこどもも内部被曝を強いられています。多くの地方自治体では、学校や保育所の給食食材すら検査していません。

 こうした状況の中で、市民自らが放射能の測定を行い、放射線防護の知識を身につけ、正しく判断していくことが必要になっています。私たちは、そのための「ツール」として市民放射能測定所の設立をめざします。

 そして、全国各地での市民放射能測定所設立の取り組みが、「すべての食品の放射能測定と公表」を実現していく大きな力になると確信しています。

 11月27日、福島市から「CRMS市民放射能測定所」の岩田渉さん(測定・設計)、阿部宣幸さん(広報)をお招きし、京都(関西)での市民測定所設立に向けたキックオフ集会&食品測定会を行います。

 みなさん、ぜひご参加ください。

★☆プログラム(予定)☆★

13:30 開会・事務局からの報告
13:45 内部被曝問題学習会
      入江紀夫DR(医療問題研究会・小児科医)
14:30 CRMS市民放射能測定所(福島市)
      岩田渉さん・阿部宣幸さんのお話


☆ベクレルモニターLB200による食品測定会☆

・キックオフ集会と平行して食品測定会を行います。
・1検体あたり約30分かかります。測定を希望する方は下記までメールでお知らせください
・測定を希望する食品500グラムをみじん切りにしてビニール袋に入れてご持参ください。
・時間の関係で測定できない場合もありますのでご了解ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
うつくしま☆ふくしまin京都
-避難者と支援者のネットワーク-
(事務局)611-0042宇治市小倉町西浦33-16(奥森方)
tel 090-8232-1664・fax 0774-21-1798
e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp
blog:http://utukushima.exblog.jp/
+++++++++++++++++++++++++++++++++

キックオフ集会のチラシこちら

[PR]

by fukushimakyoto | 2011-11-27 13:35 | 京都に放射能測定所を | Trackback | Comments(1)

京都(関西)に市民放射能測定所をつくろう!

a0224877_20453671.jpg


京都(関西)に市民測定所をつくろう!
キックオフ集会&食品測定会


日時:11月27日(日)13:30~16:30
場所:京都JA会館・602~604

京都市南区東九条西山王町1・京都駅八条口から徒歩5分・
http://kyoto-ja-kaikan.com/access.html

参加費:1000円(避難者500円)


 福島原発事故(人災)による放射能汚染は広範囲に広がっており、私たちは放射能と向き合って生きていくことを余儀なくされています。

 関西圏においては、現在のところ空間線量に大きな変化はなく、土壌についても深刻な汚染は見つかっていません。しかし、「暫定基準値以下」の汚染食品が流通し、大人もこどもも内部被曝を強いられています。多くの地方自治体では、学校や保育所の給食食材すら検査していません。

 こうした状況の中で、市民自らが放射能の測定を行い、放射線防護の知識を身につけ、正しく判断していくことが必要になっています。私たちは、そのための「ツール」として市民放射能測定所の設立をめざします。

 そして、全国各地での市民放射能測定所設立の取り組みが、「すべての食品の放射能測定と公表」を実現していく大きな力になると確信しています。

 11月27日、福島市から「CRMS市民放射能測定所」の岩田渉さん(測定・設計)、阿部宣幸さん(広報)をお招きし、京都(関西)での市民測定所設立に向けたキックオフ集会&食品測定会を行います。

 みなさん、ぜひご参加ください。

★☆プログラム(予定)☆★

*事務局からの報告
*内部被曝問題学習会    医療問題研究会(要請中)
*CRMS市民放射能測定所 岩田渉さんのお話
                   阿部宣幸さんのお話
*ベクレルモニターLB200による食品測定会

+++++++++++++++++++++++++++++++++
うつくしま☆ふくしまin京都
-避難者と支援者のネットワーク-
(事務局)611-0042宇治市小倉町西浦33-16(奥森方)
tel 090-8232-1664・fax 0774-21-1798
e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp
blog:http://utukushima.exblog.jp/
+++++++++++++++++++++++++++++++++

キックオフ集会のチラシこちら

[PR]

by fukushimakyoto | 2011-11-27 13:30 | 京都に放射能測定所を | Trackback | Comments(0)

いよいよ明日。京都(関西)に市民放射能測定所をつくろう キックオフ集会にご参加ください

みなさま
奥森@うつくしま☆ふくしまin京都事務局です。

福島のCRMS市民放射能測定所からベクレルモニターLB200が宅配便で届きました。むちゃくちゃ重いです。

明日のキックオフ集会会場に持ち込み、食品測定会も行います。今日までに「○○を測定してほしい」との声も届いています。私自身も非常に楽しみです。

地元の京都新聞にも載りました。明日のキックオフ集会、ぜひご参加ください。

+++++++++

<転送・拡散大歓迎>
***************************************
京都(関西)に市民測定所をつくろう!
キックオフ集会&食品測定会

***************************************

日時:11月27日(日)13:30~16:30
場所:京都JA会館・602~604


京都市南区東九条西山王町1・京都駅八条口から徒歩5分・
http://kyoto-ja-kaikan.com/access.html

参加費:1000円(避難者500円)

★☆プログラム(予定)☆★

13:30 開会・事務局からの報告
13:45 内部被曝問題学習会
      入江紀夫DR(医療問題研究会・小児科医)
14:30 CRMS市民放射能測定所
      岩田渉さん・阿部宣幸さんのお話

☆ベクレルモニターLB200による食品測定会☆

・キックオフ集会と平行して食品測定会を行います。
・1検体あたり約30分かかります。測定を希望する方は下記までメールでお知らせください。
・測定を希望する食品500グラムをみじん切りにしてビニール袋に入れてご持参ください。
・時間の関係で測定できない場合もありますのでご了解ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
うつくしま☆ふくしまin京都
-避難者と支援者のネットワーク-
(事務局)611-0042宇治市小倉町西浦33-16(奥森方)
tel 090-8232-1664・fax 0774-21-1798
e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp
blog:http://utukushima.exblog.jp/
+++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]

by fukushimakyoto | 2011-11-26 13:40 | 京都に放射能測定所を | Trackback | Comments(0)

【重要】次回原陪審(11月25日)が最大の山場。区域外避難者、避難できずにいる人の声を原陪審へ!

避難者のみなさまへ, 支援者のみなさまへ
奥森@うつくしま☆ふくしまin京都事務局です。


原子力損害賠償紛争審査会(第17回)が、11月25日に開催されます。議題は、(1)自主的避難について (2)その他 となっています。

避難指示区域など以外からの避難者の賠償について、この審査会で決定される見込みです。

前回の原陪審では、(1)区域外避難者、避難せずにのこっている人も賠償の対象とする (2)第1期(事故直後)、第2期(避難指示等地域の確定以降)に区分する (3)対象区域は市町村単位とする (4)第2期は被曝線量での基準は設けない (5)次回審査会で 1)賠償の枠組み 2)賠償額(基準)を議論し決定する とされています。

 区域外避難者・避難できずにいる人の賠償をめぐる審査会の議論は、最大の山場を迎えています。
 
 区域外避難者・避難できずにいる人の声を、原陪審に最大限集中することが必要です。今こそ、声を上げよう。
 電話で、ファクスで、メールで、「完全賠償を求める声」を届けましょう。
 

<要請先>
原子力損害賠償紛争審査会 事務局

担当:研究開発局原子力損害賠償対策室
   電話番号:03-5253-4111(代表)
   ファクシミリ番号:03-6734-4659
   メールアドレス:genshi@mext.go.jp
[PR]

by fukushimakyoto | 2011-11-25 15:00 | 避難する権利と賠償問題 | Trackback | Comments(0)

週刊MDS新聞に投稿しました!

週刊MDS新聞に投稿しました。
直前ですが、25日発行の新聞にのります。
+++++++++
市民放射能測定所 京都につくります

 福島原発事故による放射能汚染は広範囲に広がり、関西圏でも「暫定基準値以下」の汚染食品の流通で大人も子どもも内部被曝を強いられています。多くの地方自治体は学校や保育所の給食食材すら検査していません。
 こうした状況の中で、市民自らが放射能を測定し、正しく判断していくための「ツール」として、京都、関西各地に市民放射能測定所の設立をめざします。市民測定所設立の全国的取り組みは「すべての食品の放射能測定と公表」という大きな目標を実現する力になります。
 うつくしま☆ふくしまin京都(http://utukushima.exblog.jp/)は11月27日、福島市の「市民放射能測定所」から岩田渉さん(測定・設計)、阿部宣幸さん(広報)を招き、京都・関西での市民測定所設立に向けたキックオフ集会(午後1時半、京都JA会館、京都駅八条口徒歩5分)を開催します。当日は、ベクレルモニターによる食品の放射能測定会も行います。
 12月4日には、市内の六孫王神社で「年越しまつり&交流会」を開催します。ぜひご参加ください。
(うつくしま☆ふくしまin京都 奥森祥陽)
[PR]

by fukushimakyoto | 2011-11-25 00:00 | 京都に放射能測定所を | Trackback | Comments(0)

27日の市民測定所キックオフ集会 京都新聞で報道されました

京都に市民放射能測定所をつくろう
京都新聞で報道されました。
Web版はみあたらなかったので、スキャンしました。

a0224877_2319971.jpg


PDFはこちら
[PR]

by fukushimakyoto | 2011-11-24 23:22 | 京都に放射能測定所を | Trackback | Comments(0)

こんな当たり前のことにこれだけ時間がかかるなんて。

みなさまへ
奥森@うつくしま☆ふくしまin京都事務局です。

今当たり前のことに、これだけ時間がかかるなんて。
25日の原陪審に注目してください!

++++++++++
東電、9月以降も10万円賠償  住民の精神的苦痛に 
京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20111122000083

 東電は22日、福島第1原発事故で避難した住民の精神的苦痛を賠償する際の基準を見直し、事故から半年が経過した9月以降も1人当たり月額10万円を維持する方針を固めた。現行基準は5万円に半減することにしていた。

 東電は原子力損害賠償紛争審査会が示した中間指針に沿って現行基準を決めた。しかし被害者から「避難生活が長期化すればむしろ苦痛は増す」と批判が強まり、西沢俊夫社長が柔軟に対応する意向を表明していた。

 8月に策定した現行基準では、半年経過すれば避難住民の大多数が仮設住宅などに転居し住環境が改善されるとの理由で、9月1日から来年2月29日については賠償額を半減すると定めていた。(共同通信)
[PR]

by fukushimakyoto | 2011-11-24 20:03 | 避難する権利と賠償問題 | Trackback | Comments(0)

全国知事会が放射能がれき受け入れ検討へ

みなさまへ
奥森@うつくしま☆ふくしまin京都事務局です。

全国知事会の山田会長(京都府知事)に抗議しましょう。

++++++
震災がれき、知事会が処理検討の意向
京都新聞

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20111122000009


 政府主催の全国都道府県知事会議が21日、首相官邸で開かれ、東日本大震災の被災地のがれき処理について、野田佳彦首相が「地方の協力が不可欠」と協力を要請した。全国知事会は国の安全基準の明示などがあれば、検討していく意向を明らかにした。

 被災県では津波被害などによるがれきを処理しきれず課題となっている。しかし、付着した放射性物質や焼却後の灰の処理などへの不安から、受け入れている都道府県は東京都のみとなっている。

 知事会側は、事前に全都道府県が受け入れる方向に意見調整したうえで会議に臨み、「がれきを燃やした後の灰の処理に関する国の方針や、放射能の基準などの検討をしてほしい」と求めた。

 これに対し、細野豪志環境相は「どうすれば受け入れてもらえるか検討したい」と答えた。

 また、来年度に子ども手当に代わり支給される拡充児童手当財源について、一方的に地方の負担増に言及した小宮山洋子厚労相が、法定の「国と地方の協議の場」で29日にも議論する方針を明らかにした。国出先機関の地方移譲については、野田首相があらためて推進を強調した。

 全国知事会の山田啓二会長(京都府知事)は会議後、がれき処理について「国がどう責任をとるか明らかにしていなかったので地方にとって懸念材料だったが、国と話し合う方向が決まり、大きな成果」と説明。すぐに、市町村などとも受け入れに向けて協議を始める意向を示した。

【 2011年11月22日 16時25分 】
[PR]

by fukushimakyoto | 2011-11-24 19:58 | 放射能問題 | Trackback | Comments(0)

県外避難者西日本連絡会『 まるっと西日本 』支援情報ニュース

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

☆★  県外避難者西日本連絡会『 まるっと西日本 』支援情報ニュース

+====================================================================+

★☆  2011年11月24日(木)第0003号  

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このメールニュースは西日本在住の県外避難者の方に配信します。

登録が完了すればまぐまぐから配信する予定です。



▽京橋花月観劇避難者ご招待。11月28日(月) 14時半京橋花月の京橋ヴァラエティ。
出演は宮川大助・花子、大平サブロー、笑い飯、ハリセンボン他。交通費2000円スルッと関西で支給。申込はNPOオールアワハーツ072-971-1566  allourhearts@mbc.nifty.com



▽不織布マスクを贈呈。吹田市は、大阪府内の県外避難者と支援団体を対象にマスクを贈呈します。1箱50枚入りで不織布製。郵送無料。避難者個人でご希望の方は街づくり支援協会06-4964-1122 s.kuroda@flexlife.netへ申し込んで下さい。支援団体の方は吹田市安心安全室(担当中村さん)06-6384-1753 bousaisuita@city.suita.osaka.jp



▽写真展「福島2011年 春‐祈り」滋賀県立長寿社会福祉センター(草津市)ドキュメンタリー映画のカメラマン吉田泰三さんが、4、5月に福島県で撮影した避難所などの写真と8、9月に撮影した動画。入場無料。主催・問合せは、遠藤正一さん090-2028-7163。



▽原発損害賠償説明会&相談会12月17日(土)午後1時半から、京都市・伏見区役所4階。12月23日(金・祝)午後1時半から、京都府立城南勤労者福祉会館・研修室。費用はお茶菓子代として200円ほど。問合せ奥森さん090-8232-1664 rentai@s3.dion.ne.jp



▽年末の「東北・関西交流バス」の乗車希望者を募集しています。姫路→大阪(尼崎)→京都→被災地各地の往復コース。茨城―岩手間の希望の地域まで運行します。
登録料(初回のみ、被災者は不要)3000円、往復運賃5000円。問合せNPO法人シンフォニー06-6412-8025


-------

掲載のニュースの詳細はhttp://maruttonishi.blog.fc2.com blog.fc2.com/> をご覧下さい。

情報提供、配信先アドレスの追加登録・変更はmaruttonishi@gmail.comまで。

■発行者=「まるっと西日本」西日本県外避難者連絡会

■事務局=NPO法人 街づくり支援協会内 電話06-4964-1122、FAX06-4963-3563 

〒541-0056 大阪市中央区久太郎町1-8-9 船場中央ビル3階
[PR]

by fukushimakyoto | 2011-11-24 19:47 | 避難者支援情報 | Trackback | Comments(0)

イベント情報 ほっこり つどい場!

みなさま 奥森です。
宇治市でのイベントの案内をいただきましたので、お知らせします。

+++++++++++
ほっこり♪つどい場!

宇治市周辺の子育て中の親子と、東日本から避難してこられたご家族との交流会を開催します。子育てについておしゃべりしたり、お庭で冒険したりしたあとは、いろりを囲んでほっこり。。。そんなひとときを味わいにきませんか?

日 時:平成23 年11 月23 日(水・祝)
    10:00~15:00
場 所:三室戸保育園木幡分園
    さんりん舎
対 象:0 歳からの子どもさんとそのご家族
参加費:一家族 500 円(いも煮つき)
申込み:不要

お昼ご飯にみんなで「いも煮」を作って食べましょう!
おにぎりとおやつはもってきてね!
主催:キャンプ in 京都宇治プロジェクト
後援:宇治市社会福祉協議会、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
お問合せ:<電話&Fax> 0774-26-2996
     <E-mail> saeko115@ares.eonet.ne.jp
     <世話人> 板倉佐恵子( 代表)、馬見塚珠生、柘植 彩

宇治に冒険遊び場つくろう会のうさぎはらっぱもやってくるよ!
泥遊び、木工、べっこうあめ作りもできるかも・・・子どもたちは
一日思いきり外遊び

10:30~11:30 
今夏、福島から京都に来てくれた7 家族とのサマーキャン
プの活動を報告します。ぜひご参加ください。

協力:三室戸保育園
子育てを応援するいろんな情報もあります。ぜひお立ち寄りください。
a0224877_23572189.jpg

a0224877_23574471.jpg

[PR]

by fukushimakyoto | 2011-11-23 10:00 | 連携団体のイベント | Trackback | Comments(0)