<大拡散希望>【ご案内】ドイツ国際会議「原発事故がもたらした自然界と人体への影響」報告講演会

a0224877_7321734.png


ドイツ国際会議 報告講演会
原発事故がもたらす自然界と人体への影響について

 3月、ドイツで開催された国際会議(ドイツ、日本、英国、米国、スイス、ベラルーシなどから医療関係者、科学者が参加)に参加され、発表された医療問題研究会の医師等から報告、講演いただきます。
 チェルノブイリから28年、フクシマから3年、人類が歩むべき方向は!?

◇日時:2014年5月11日(日)午後1時15分から5時
◇場所:ハートピア京都第4・5会議室(地下鉄丸太町)


①「ドイツ国際会議の意義について」
  高松勇Dr(小児科医・医療問題研究会)
   国際会議の成果は!?。
   福島健康被害(甲状腺がん異常多発)の具体的事実を訴え、反響は!?
   データの科学的分析、データで厳密に論じていくことの重要性。

②「ベラルーシ・ドイツ・トルコで学んだもの
  -チェルノブイリ支援の社会的背景とトルコ反原発運動のいま-」

  守田敏也さん(ジャーナリスト)

③「世界が見つめるフクシマ」
  豊田護記者(週刊MDS)

④「ドイツで被災当事者として訴えて」
  萩原ゆきみさん(原発賠償京都訴訟原告)


◇参加費 一般1,000円、避難者500円

+++++++++++++++++
【主催】避難者こども健康相談会きょうと
 〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254
           北川コンサイスビル203号
 ブログ  http://kenkousoudankaikyoto.blog.fc2.com/
 問い合わせ先:090-8232-1664(奥森)


ちらしはこちらからダウンロードできます。
   ↓
http://firestorage.jp/download/dc00ceb26a580d3b2ee69dfcd65c4c3ff7a0098d
ダウンロードパスワード rbdc2mx1
[PR]

by fukushimakyoto | 2014-04-25 07:43 | 連携団体のイベント | Trackback | Comments(0)

【ご案内】「本当のフクシマ」写真展(4/26-27)

a0224877_14413069.png

4/26(土)-4/27(日)
「本当のフクシマ」写真展


■日時:4/26(土) 10:30~21:00
4/27(日) 9:00~16:00

■会場:バンビオ1号館2階市民ギャラリー1(JR長岡京駅前)

 放射能健康診断百万人署名運動京都実行委員会(090-8146-8351 川口) 福島原発事故から3年が過ぎましたが、原発事故で故郷を追われ、避難生活を強いられている避難者は、福島県だけで13万人以上。今なお故郷に戻れる見込みは立っていません。

 フクシマの現実はどうなのか、不都合な事実は、隠されて報道されません。

 その一つが、放射能による人々の健康被害です。福島の子どもたちに、甲状腺がんが異常多発しています。百万人に数人の子どもの甲状腺がんが、福島では25万人中74人に見つかっているのです。

 家畜を見捨てられないと飯館村に残る細川牧場の馬たちが、次々と原因不明で死亡しています。こうした事実は、ほんの小さくしか報道されていません。

 私たちは真実を知る必要があります。ぜひお越しください。

● その他の企画●
 写真展の他、福島原発事故避難者のお話や京都で支援活動をしている方のお話しなど、企画を準備中です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

放射能健康診断百万人署名運動京都実行委員会(090-8146-8351 川口) 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ちらしはこちら

[PR]

by fukushimakyoto | 2014-04-18 14:46 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

4・6桜まつりの報告です!

●写真特集
a0224877_12494489.jpg

午前中は雨が降ったり強風だったりしましたが、お昼すぎからは天気になりました。

a0224877_12494934.jpg

恋するフォーチュンクッキー  

a0224877_1250152.jpg

a0224877_12495436.jpg

福島弁でのダンス指導で、みんなおどってます

a0224877_1250511.jpg

フォークダンスではありません。「恒例」のじゃんけん大会です。優勝者にはお米5㌔、準優勝者にはお米2㌔を贈呈。じゃんけんに負けた方にも景品がありました。

●参加者みんなで盛り上がりました! 
 参加者は、避難者家族40人、支援者30人
 
 第1回桜まつりの会場は、避難者が多く住む桃山東合同宿舎の隣にある泰長老(たいちょうろう)公園。当初は、桃山東合同宿舎の集会所周辺での開催を計画していたが、集会所が選挙の投票所となることがわかり、急遽、宿舎そばの公園に変更した。

 桃山東団地での催しは、昨年の納涼会と年越しまつりに次いで3回目となる。あいにくの天気で、準備している最中も雨が降ったりやんだりと気をもむ天気だったが、開会時刻の12時になると一人二人と参加者が増え始め、飲み物や食べ物を受け取ってシートの上に陣取った。近くのテントでは、子ども全交のスタッフが子どもたちを集めてグニャグニャ凧の作り方を教えている。子どもたちもとても楽しそうだ。

 食事が進み、アルコールも程良く回ったところで、カラオケやハーモニカの演奏が始まる。メインの出し物は、福島から避難しているSさんを先頭に、多くの避難者と子どもによるAKB48の「恋するフォーチュン・クッキー」の踊りだ。
 自分たちで一度踊った後、Sさんが福島弁で参加者にも振り付け指導を行う。二度目は全員が見よう見まねで踊った。飛び入りでマイクを握った新高校生のノリノリの踊りに会場には笑い声が響いた。

 交流会の最後は、桃山でのイベントの「恒例」となった「大ジャンケン大会」。大人たちが童心に帰ってジャンケンポン。優勝者には米5キロの賞品が贈られた。勝てなかった人には、台所用品などの景品が配られた。

 最後は参加者からのアピールタイム。原発賠償京都訴訟原告団共同代表の萩原ゆきみさんが「第2次提訴では福島県以外からの避難者がたくさん原告になった」と報告。最後に、主催団体である「うつくしま☆ふくしまin京都」を代表して、奥森事務局長が、「避難者が集まる第2回期日の午前中に、京都府・京都市に避難者の要望をまとめた要請書を提出に行く。ぜひ参加してほしい」と呼びかけた。

 他の団地から参加した親子連れは「とっても楽しかったです」と笑顔で感想を語っていた。
[PR]

by fukushimakyoto | 2014-04-08 12:55 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

<拡散希望>【ご注意・開催場所変更】ご案内:4・6第1回桜まつり&大交流会

a0224877_156399.png

うつくしま☆ふくしまin京都
2014/4/6
第1回桜まつり&大交流会


と き:2014年4月6日(日)12:00~15:00
ところ:泰長老公園(最寄り駅:京阪観月橋・JR桃山)
*桃山東合同宿舎15棟の近くの公園です
参加費:飲む人1,000円・中学生以上500円
     小学生300円・乳幼児無料

*箸とお皿、お椀持参の方は100円値引きします!

<桜まつり&大交流会メニュー案>
 都合により変更になる可能性があります。
◆食べ物:ちらし寿司、豚の生姜焼き、焼きそば、チジミ、フランクフルトなど
◆飲み物:日本酒、生ビール、ジュース、お茶
◆子ども企画(乳幼児と低学年むけ) :紙のお魚つり、グニャグニャ凧、ビュンビュンごまを作って遊ぼう、
◆わいわい交流会:出し物大歓迎、食べて飲んで語りあおう。

<当日準備にご協力ください>
◆集合 午前10Jに泰長老公園に集合
◆内容 振興打ち合わせ、機材搬入、会場設営、模擬店の仕込みなど
お酒や食べ物の差し入れ大歓迎
春の一日をみんなで楽しみましょう!

+++++++++++++++++++++++++++++++++
 うつくしま☆ふくしまin京都
 〒612-8082 京都市伏見区両替町9丁目254
          北川コンサイスビル203号
 http://utukushima.exblog.jp/
 e-mail:renta-@s3.dion.ne.jp
 tel:090-8232-1664(奥森)
 fax:075-622-9870
++++++++++++++++++++++++++++++++



ちらしはこちら
[PR]

by fukushimakyoto | 2014-04-06 12:00 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)