タグ:うつくしま☆ふくしまin京都 ( 45 ) タグの人気記事

週刊MDSから 「いのちと避難生活をまもる第4回京都公聴会」の報告記事です。

いのちと避難生活をまもる第4回京都公聴会
政府・福島県は帰還政策の撤回を これ以上被ばくさせないで
 

 週刊MDS 1402号 2015年11月06日発行から

 10月25日に開かれた「いのちと避難生活をまもる第4回京都公聴会」は、国と福島県が進める帰還強要と避難者切り捨て政策を厳しく批判。不安と苦悩のどん底にいる避難者を支える支援者の輪を大きく広げることを呼びかけた。

 帰還政策を強引に進める福島県は、県外避難者に対する避難用住宅の提供を2017年3月で打ち切ることを決めた。

 ●声を上げ続ける
 公聴会では、避難者が現在の心境とあきらめずに声を出し続ける決意を語った。原発賠償関西訴訟原告の森松明希子さん、京都原告団の齋藤夕香さん、小林雅子さん、宇野朗子(さえこ)さん、高木久美子さんの5人だ。

 森松さんは、今年の春に安倍首相と福島県知事あてに出した手紙を再び読んだ。「被ばくしたくない、将来のある子どもの健康を守りたい、は親として当然の心理。声なき声、生活者の声を聞かないのは為政者としては致命的なことです」。今も思いは同じだという森松さんは「命と健康を守る行為こそ原則的な行為をしているのだ」の声を上げ続けると訴えた。

 福島県内の異常な実態も浮き彫りになった。 10月10日に浜通りを通る国道6号線の清掃ボランティアが中高生を動員して実施された。66団体が反対声明を出したが、地元紙は無視。美談だけを報道した。

 「怒りでいっぱいで、福島の友人にも電話したが、友人は『もう疲れてしまった。声が伝わらない』の返事だった」(高木さん)。

 「今日の地元新聞を見て、『なんじゃ、こりゃ!』と叫んだ。南相馬の医者が『放射能は次世代に影響なし』と書いているのだ。安全キャンペーンは本当にすごい。絶対に許せない」(小林さん)。

 福島県庁に出向いた交渉でも、県は無償提供延長を拒んだ。「県は味方だと思っていたのにショックだった。私たちが避難できたのは無償の住宅があったから。無償提供は県内に残る人のためにも必要。打ち切り撤回へ知恵を借りたい」(高木さん)。

 10月29日には「避難の権利」を求める全国避難者の会が設立される。宇野さんは「私たちは<被ばくか貧困か>の選択を強いられることを望まない。当事者がつながって、声なき声を形にしましょう」と呼びかけた。

●避難者に安定した住宅を
 公聴会は、避難者の訴えに先立ち、政府の帰還政策の批判と低線量・内部被ばくの危険性を明確にした。

 子ども脱被ばく裁判など数多くの原発裁判に関わる井戸謙一弁護士は「住宅無償提供打ち切り、子ども被災者支援法基本方針で『避難する状況にはない』との明記など、2020年のオリンピックまでに、帰還困難区域を除いて元通りにすることを、国・県は行おうとしている」と指摘。「調べない、声を上げさせない、情報を隠ぺいする等は、過去の公害事件でも繰り返されてきたこと。声を上げないと被害はなかったことにされてしまう」と述べた。

 高松勇さん(医療問題研究会、小児科医)は「甲状腺がんは桁違いの多発であり、もはや揺るがない事実。死産や新生児死亡、急性心疾患での死亡の増加など多様な健康障害が起きている」として「被ばく軽減策としての避難、保養、食の安全が必要。今も福島は避難が必要な地域であり、帰還政策は撤回されるべき」と結論づけた。

 公聴会はうつくしま☆ふくしまin京都、原発賠償訴訟京都原告団を支援する会、放射能健康診断100万人署名運動推進京都実行委員会の共催で開かれた。

 主催者を代表して奥森祥陽さんは「『一人も路頭に迷わせない』を合言葉に、絶対に譲らずに取り組む」と決意を述べ、今後の方針を提起した。

◆「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」の2017年3月末解除方針の撤回を求める。
◆「避難用住宅の提供打ち切り撤回と避難用住宅の長期無償提供を求める署名」「避難先にとどまる原発事故避難者の住まいの安定を求める署名」を大きく広げる。復興庁・内閣府・福島県交渉、院内集会に取り組む。
◆要望書を確立して、政府・福島県・避難先自治体への要請行動を行う。
[PR]

by fukushimakyoto | 2015-11-06 00:00 | 報道関連 | Trackback | Comments(0)

うつくしまニュースNO1を発行しました!

みなさま
奥森ともうします。

 「うつくしま☆ふくしまin京都―避難者と支援者のネットワーク」のニュースNO1を発行しました。今後、年4回程度、紙媒体のニュースを発行していきます。
 ダウンロードして、ぜひ、お読み下さい。

a0224877_17583613.png

a0224877_17584248.png

a0224877_17585029.png

a0224877_17585548.png

うつくしまニュースNO1はこちら
[PR]

by fukushimakyoto | 2015-05-12 18:03 | Trackback | Comments(0)

【ご案内】うつくしま☆ふくしまin京都運営会議(10/17午後7時)

みなさま
奥森です。

うつくしま☆ふくしまin京都の運営会議のお知らせ
●日時 2012年10月17日(水)午後7時

●場所 京都・市民放射能測定所
    http://nukecheck.namaste.jp/image/map.gif    北川コンサイスビル203号室です

●議題 1 9.29「原発被災者支援法にもとづく具体的施策の実施を求める集い」のまとめ
      ・内容 ・参加者 ・決算状況
    2 支援法具体化の取り組み方針について
      ・京都府・京都市に対する要請、話し合いの実施について
      ・避難者公聴会(出張復興庁交渉)の開催について
        避難・移住・帰還の権利ネットと合同で。11月下旬には開催したい。
    3 年末餅つき(年越しまつり)の開催について
      ・昨年開催して好評であった、餅つき(年越しまつり)を開催する
      ・日時 12月上旬で  場所は六孫王神社境内+厨房+会議室
      ・避難者と一緒に模擬店を出す。 ミニステージ・支援法具体化交流会の開催など      4 その他
[PR]

by fukushimakyoto | 2012-10-17 19:00 | 運営会議 | Trackback | Comments(0)

【うつくしま☆ふくしまin京都】6月茶話会のご案内

避難・移住者のみなさん。地元京都のみなさま
奥森@うつくしま☆ふくしまin京都事務局です。

 5月12日の茶話会は、避難者は少なかったのですが、地元の方が多く参加していただき、いつものようにあっという間の2時間でした。

 6月茶話会のお知らせです。

◆日時  6月30日(土)午前10時~12時  *今回は土曜日の開催です!

◆場所  京都ZENKOオフィス(京都市民測定所)

◆話題提供 (1)原発被災者支援法について

 *京都呉竹文化会館北西の北川コンサイスビル203号
  京阪丹波橋駅南改札西口から徒歩1分

 *「京都ZENKO」オフィスには、15人ほどが利用できる会議スペースがあり、飲食も可能です。市民放射能測定所の見学もかねて、ぜひ茶話会にご参加ください。

◆主催 うつくしま☆ふくしまin京都

*7月茶話会は、7月21日(土)午後3時頃から、「一品持ち寄りビアパーティ」の予定です。

[PR]

by fukushimakyoto | 2012-05-30 10:00 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

【ご案内】京都市民測定所設立委員会第2回会合

みなさま
2011年ものこり少なくなってましました。

京都市民測定所設立委員会第2回会合のご案内です

【日時】2012年1月15日(日)午後1時30分
【場所】なかまユニオン京都事務所
     京都市伏見区両替町9丁目254 コンサイスビル203号
     京阪本線「丹波橋駅」西口からすぐ
【議題】(1)第1回会合以降の動きについて
     (2)測定所規約・運営方針について
     (3)開設までの活動方針について
     (4)運営体制・役割分担について
     (5)その他

*資料準備の都合がありますので、参加される方は事前にメールで連絡してください。
*場所がわからない方は、京阪丹波橋駅西口すぐの呉竹文化センター前から電話してください。お迎えに行きます。

<申込先> 奧森 090-8232-1664 メール rentai@s3.dion.ne.jp
   
[PR]

by fukushimakyoto | 2012-01-15 13:30 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

京都新聞の記事から 「原発賠償に憤り、不安 東日本大震災あす10ヵ月」

京都新聞の記事から
私たちが主催した「原発賠償説明会&相談会」の様子が紹介されています。

+++++++++
原発賠償に憤り、不安 東日本大震災あす10ヵ月
京都新聞 2012年01月10日 09時33分

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20120110000014


 福島第1原発事故で京都へ逃れた自主避難者が、事故に伴う政府の損害賠償方針に憤りと不安を募らせている。遠隔地への避難で仕事を失ったり、持ち家を手放した人もいるが、政府は避難の有無にかかわらず、一律の賠償額を示しただけだ。避難者の多くは「低額で経済的損失に見合わない」とし、提訴を検討する人も出てきた。11日で東日本大震災の発生から10カ月。賠償問題に揺れる避難者の姿を追った。

 福島県庁に勤めていた吉川陽子さん(38)は事故直後、子ども2人と京都市伏見区に自主避難した。避難後、市民団体などが子どもの保育園や自宅の庭の放射線量を図ると、政府が「安全」とする基準をはるかに上回っていることが分かった。「子どもの命を懸けて戻ることはできない」。有給休暇を使い切り、職を失った。

 約5千万円で新築した自宅には1年半しか住めなかった。福島にとどまる公務員の夫(38)は家族一緒の生活を望み、退職を考える。自宅の売却や貸し出しを検討するが、周囲は放射線量が高く、住み手が現れるか疑問だ。政府指針では、賠償額は一家4人の総額で100万円に満たない。「一番幸せな時期に仕事も家も失った。一律に片付けられる問題ではない」。被害に見合った賠償を求め、東京電力を相手取り提訴も考えている。

 昨年12月17日。市民団体「うつくしま☆ふくしまin京都」(宇治市)が京都市伏見区で開いた賠償問題の相談会に、自主避難者らが集まった。母子避難による二重生活でかさんだ赤字。被ばくで生じるかもしれない健康被害の医療費…。事故で被る不利益がどこまで賠償対象になり得るか質問が続いた。

 12月に京都弁護士会が開いた個別相談会では、保有するアパートの資産価値の目減り分や自宅を売却しても残る住宅ローンなど、不動産に関わる損失の相談が目立ったという。

 同弁護士会の人西智之副会長(44)は「科学的見地か政策的見地か分からないままの『安全』に不安を感じ、避難をせざるを得なかった人には、完全な賠償がされるべきだ。損害は指針の額と懸け離れて大きい」と語る。

 自主避難者の中には、賠償問題に対処する公的な機関「原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)」に和解の仲介を申し立てた人もいる。

 福島県内から京都市へ一家5人で避難した女性(37)は2カ月間、東電と電話のやりとりを続けたが、たらい回しにされた揚げ句に「賠償の対象外」と言われ、原発ADRを頼ることにした。

 飲食店経営の夫(39)は無収入になった。夫の実家の土地と建物、自家用車を売った。購入して1年のマンションはローンが20年以上残る。学資保険を解約し、貯蓄を切り崩す。女性は「東電は誠意がなく、個人の力では限界がある。約束されていた未来を保障してほしい」と和解に望みをかける。

 【原発事故に伴う賠償】 文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会が昨年12月に決定した指針では、福島県23市町村の住民約150万人(警戒区域や計画的避難区域は除く)に一律、妊婦と18未満の子どもは1人40万円、それ以外は8万円を支払うよう東京電力に求めた。被害者らが金額に不服がある場合、公的機関「原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)」への和解の仲介申し立てや、民事訴訟で解決を目指すことになる。
[PR]

by fukushimakyoto | 2012-01-11 01:43 | 避難する権利と賠償問題 | Trackback | Comments(0)

京都・市民測定所(開設) Q&A

京都・市民測定所(開設) Q&A 第1次
                                       2011年12月26日 作成 奧森(事務局)
Q 何が測定できますか?
 京都・市民測定所では、内部被曝を防護することを目的とした、食品測定を柱にしたいと考えています。
 市民が持ち込む食品の測定に加え、リクエストの多かった食品や、粉ミルクや加工食品など市民測定所としてテーマを決め、流通している食品の自主検査を行い公表したいと考えています。
 
 汚染されている土壌の検査は、市民測定所では難しいと考えています。理由は、被ばくの可能性があるか らです。ガイガーカウンターでかなり高い数値の出るような土壌の汚染度は極めて高い可能性があり、それを市民測定所で測定することは、測定者や測定機器、測定場所を汚染させる可能性があるからです。

 また、母乳や尿の検査も困難です。尿の場合は衛生面の問題もありますが、人体から排出されるレベルの放射線を測定するのはかなり難しいからです。
  
Q どんな機種を導入するのですか?
 ベラルーシATOMTEX社のヨウ化ナトリウムシンチレーター・AT1320Aを導入します。国内代理店である株式会社アドヒューテック社に発注しました。
 AT1320Aは、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、カリウム40の放射能濃度を分析することができます。
 CRMS市民放射能測定所の岩田さん(測定)もおすすめの機種です。運搬、設置費用含めて160万円ほどなので、比較的手頃に導入できる機種だと思います。同程度の性能の他機種だと200万~400万円ほどしますので、コストパフォーマンスは高いと思います。ただし、現時点で納期は5.5ヶ月先です。

Q 測定所を開設するのは、どの程度のスペースが必要ですか?
 必要なスペースは、測定器、パソコン、作業台が設置でき、流し台の利用ができればOKです。お店や事務所の中にも設置できるので、難しく考えない方がいいでしょう。ただし、測定器は非常に重たいので、コンクリートの建物で1階またはエレベーターが設置されていることが条件となります。
 
Q 開設に向けての資金集めは?
 京都・市民測定所の開設時期は測定器の納期の関係で来年5月か6月になります。現在、開設に向けた300万円募金運動を準備しています。内訳は、測定器の購入で約160万円、測定所整備費(プリンター・作業台・ロッカーなどの備品購入費)と半年程度のランニングコストとして140万円を考えています。
 銀行口座などは開設しました。呼びかけチラシ、会費・カンパ申込書を作成し年明けから開始します。開設カンパは、一口1.000円で、できれば複数口のご協力をお願いしたいと思っています。

Q 市民測定所の運営経費はどうするの?
 市民測定所は開設するよりも維持・運営していく方がより大変だと考えています。現時点では、有料会員方式での運営を考えています。(年会費5,000円で、1検体無料測定付き)
 測定は有料とし、会員価格と一般価格を設定します。会員になった方が得になる設定を検討中です。事業者からの測定依頼の扱いについては、別途検討します。
[PR]

by fukushimakyoto | 2011-12-26 16:00 | 京都に放射能測定所を | Trackback | Comments(0)

本日(23日)の原発賠償説明会&相談会の様子です!

 本日(23日)、宇治市にある府立城南勤労者福祉会館で「原発賠償説明会&相談会」を開催しました。
大阪から青木弁護士、山西弁護士、宝谷弁護士、吉田弁護士、京都から人西弁護士さんに参加していただきました。
 避難者は5家族6人の方が参加しました。区域内避難者1家族2人、区域外避難者4人(福島県3人、栃木県1人)でした。

 うつくしま☆ふくしまin京都事務局(奧森)から取り組みの経過、原陪審の中間指針追補の評価、今後の取り組み方針について15分ほど報告しました。

 ↓ その後、青木弁護士から1時間かけて原発賠償について説明していただきました。
a0224877_19345195.jpg

 
a0224877_1935528.jpg

 ↑ 個別相談は1時間以上に及びました。熱のこもった相談会となりました。
   避難者の方は、勇気を出して来てよかった、と話していました。
a0224877_19351351.jpg

a0224877_19352979.jpg

[PR]

by fukushimakyoto | 2011-12-23 19:34 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

12/18奈良集会で報告しました

 奧森です。
 12月18日に奈良県文化会館で開催された「原発廃止・放射能から子どもを守ろう 金より命 普通の暮らしがしたい われわれ99%が主人公の社会をつくる 12.18奈良集会」で、うつくしま☆ふくしまin京都の取り組みを報告させていただきました。

 報告内容は(1)うつくしま☆ふくしまin京都の発足から12・4年越しまつりまでの経過 (2)避難する権利と完全賠償~原陪審中間指針追補批判と対応方針をふくめて (3)市民放射能測定所設立の意義と設立に向けた考え方、取り組み方針について などです。
 
 みなさん、放射能汚染、とくに食品汚染の実態と市民測定所の必要性について関心を持っていただいたようです。

 24日(クリスマスイブだぁ~)には、堺市の集会で報告をさせていただきます。

a0224877_2343422.jpg

 ↑ 司会者のあいさつです

a0224877_2344256.jpg

 ↑ 報告後の意見交換の様子
[PR]

by fukushimakyoto | 2011-12-23 02:35 | スタッフから | Trackback | Comments(0)

17日の相談会の様子です

17日、伏見区役所での説明会・相談会の様子です。
大阪から5人の弁護士さん、京都から2人の弁護士さんが来てくれました。
避難者の方は、5名が参加されました。いずれも、区域外避難の方でした。

23日には宇治市・府立城南勤労者福祉会館で行います。
大阪から4名、京都から1名(いまのところ)の弁護士さんが来ていただけます。
説明会・相談会は無料です。茶話会に参加される方は、茶菓子代200円をご負担ください。

避難者のみなさん。ぜひ、お時間を作ってご参加ください。

a0224877_19371636.jpg

↑ 島村弁護士が、原発賠償について、パワーポイントを使って説明

a0224877_19372691.jpg

↑ ↓ 説明会の後は、個別相談会  
a0224877_19372987.jpg


a0224877_19373365.jpg

 ↑ 弁護士さんからは被災者ノートなど多くの資料が提供されました。これだけでも値打ちがあります。
[PR]

by fukushimakyoto | 2011-12-17 19:38 | 避難する権利と賠償問題 | Trackback | Comments(0)