【お知らせ】原発事故から6年 今避難者は何を求めているか?(2月26日午後2時~ 京都市呉竹文化センター会議室)

a0224877_12202221.png
a0224877_12203721.png

[PR]

by fukushimakyoto | 2017-02-19 12:27 | 主催イベント案内&報告 | Trackback | Comments(0)

10/13 福島原発事故避難者のお話を聞く会

 皆さま
 杉谷です。

 福島原発事故で京都・大阪に避難している171人が9月17日に、国と東京電力に
損害賠償を求める訴えを起こしました。京都の原告団共同代表の方を招いて、向
日市民会館でお話しを聞く会をもちます。ぜひ来てください!
 原告団代表の福島さんは、お子さん連れでわざわざ木津川市から来ていただき
ます。またお知り合いお知らせいただけるとうれしいです。

 また、10月20日には京都テルサで、井戸川克隆さん(前双葉町長)を招いて講演
会&原発賠償京都原告団を支援する会結成集会があります(13:30~)。あわせ
てご参加を呼びかけます。

【転送歓迎】
-----
 10/13 福島原発事故避難者のお話を聞く会

■日時:10月13日(日)午前10時~12時
■会場:向日市民会館(第2会議室)
  阪急「東向日」駅歩10分、JR「向日町」駅歩15分
■お話:福島敦子さん(福島県南相馬市からの避難者)
 (原発賠償京都訴訟原告団共同代表)
■参加費:無料

<ご案内>

■今なお15万人以上が避難生活

 原発事故から2年半。今なお15万人を超える人々が、住み慣れたふるさとを
追われ、仮設住宅や、遠く離れた地で避難・移住生活を送っています。京都府下
にも約1千人が避難して来られています。多くが母子避難で、子どもの健康診断
や生活支援を求めていますが、東京電力は強制避難区域以外の人は賠償対象とせ
ず、国の支援もほとんどありません。

■関西の避難者171人が、国と東電に賠償求め提訴。全国では4千人以上

 京都・大阪に避難している171人が9月17日、国と東京電力に計約16億
2千万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。京都の原告は33家族91名。
西日本では初めての一斉提訴です。同様の裁判は、すでに福島・東京など各地で
起こされており、原告数はこれで計4032人となり、神戸でも集団提訴が予定
されています。

■避難者原告の話を聞きましょう

 被害者の救済なくして原発事故の解決はありえません。そして福島原発事故の
被害者は私達の身近にも避難して来られています。原告団共同代表の方を招いて、
原発事故避難者のお話を聞く会をもちます。ぜひ話を聞き、避難者原告を皆さん
と一緒に支援したいと思います。

********
杉谷伸夫 
[PR]

by fukushimakyoto | 2013-10-13 10:00 | 連携団体のイベント | Trackback | Comments(0)