人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新聞報道から(12・2年越しまつり)

奧森です
昨年12月2日に開催しました、第2回年越しまつりについて、週刊MDSで報道されていましたので、転載します。
+++++
避難者のつながりを大切に
京都で年越しまつり

週刊MDS 2012年12月14日発行 1260号

 12月2日京都市内で、第2回年越しまつりが開かれた。原発事故からの避難者や支援者でつ くる「うつくしま☆ふくしまin京都」が主催した。

 昨年のまつりは、ミュージシャンなど多くの支援者が駆けつけ、避難者を励ました。今年の特徴は、避難者がいっしょにまつりを作り出したことだ。

 合計4回の餅つき大会では、幼児から小学生まで参加したすべての子どもが杵を振り下ろした。

 音楽も避難者自前だった。ハーモニカによる唱歌『もみじ』『旅愁』の演奏は、『ふるさと』の大合唱に結びついた。仮装姿で登場した2人のママは福島弁の 即興「漫才」で会場をわかせた。篠笛とキーボードによる創作曲『ほめて』の歌でしめくくった。

 「月桃の花」歌舞団が指導したエイサー体験も好評だ。大人も子どもも初めて持つ太鼓だったが、瞬く間に『豊年音頭』を演じきった。

●不安はがれき焼却

 「まつりは楽しく、子どもも喜んでいた。避難して孤独にならず、みんなでつながっていけるのは、有難いことです」「みんながつながって行動していくし か、日本は変わらないのかなと思う」「年末から春にかけて、また福島に戻るのかどうかと悩む時期がくるかも知れませんが、親子の絆、支援者との絆を大切に して、新しい年を迎えたい」

 避難者からはまつりに感謝する言葉が相次いで出された。しかし、共通の懸念、不安として指摘されたのが橋下大阪市長による放射能汚染がれきの試験焼却 だ。

 「京都にきて外遊びができる。被曝しないのがうれしいと思っていたのに、橋下は市民の反対を押し切って強行した。ほんとうに頭にくる。来年2月からの本 焼却をどうしても止めたい」

●支援法に当事者の要求を
 
 参加したほとんどの避難者は11月28日の復興庁職員を招いた公聴会で意見を述べた。

 「うつくしま☆ふくしまin京都」の奥森祥陽さんは「来年1月末か2月はじめに、原発被災者支援法に基づく基本方針が明らかになる。それが被災当事者の 要求を反映したものになるよう、今後も継続して取り組んでいく」と語る。

 当面は12月11日に京都市に対して支援策の先取り実施を求める要請行動を行う。

 来年1月から2月に、基本方針・具体的施策に被災者の意見を反映させる集いを京都で開催するように復興庁に強く要請する。

 避難者が人間としての当たり前の生活を取り戻す闘いは正念場を迎えている。
by fukushimakyoto | 2013-01-09 00:05 | 報道関連