人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【避難用住宅の長期延長を】私たちは、安心してくらしたいのです!

京都避難中の
高木久美子と申します。

15日は福島県庁へ住宅長期無償提供の要請行動に行く事に、すぐに手をあげました。

震災から丸4年、5年目に入りました。
県外避難者の不安はやはり、住宅についてであります。

毎年、京都避難者の私たちは、うつくしま福島in京都のお力をお借りし、行政機関へ要請書を提出したり、要請行動をし住宅延長を訴ったえてきました。

昨年は危機的な状況の中、住宅無償提供が入居から5年と発表があり嬉しい瞬間でした。
しかし、このままでは来年3月以降で終了する世帯がでてきます。
更なる要請行動を起こさなくてはなりません。
毎年この状況が繰り返され、疲れが増すばかりです。

原発事故は私達の元の暮らしを奪いました。
国や福島県には避難した私達の声を届ける必要があります。

私たち避難者が福島県庁に行き、長期無償提供の「長期」強く訴えたいと思います。

落ち着いて暮らしたい。
安心して暮らしたいのです。

また、県外避難者の私たちの要望が、次に避難したい人達への希望にもつながります。
共に人権が守られる必要があります。
「普通の生活」の権利を実現するために住宅の長期無償提供の要請行動は必要です。

どうか皆様のお力をお借りしたく思います。

また、署名してくださった皆様、ありがとうございました。
by fukushimakyoto | 2015-05-11 22:49 | 避難者の声