人気ブログランキング |
NEW POST

医療問題研究会の新刊の紹介→「甲状腺がん異常多発とこれからの広範な障害の増加を考える」

 10月25日の「私たちをこれ以上被ばくさせないで! 第4回京都公聴会」で講演をいただく高松勇医師が参加されている「医療問題研究会」は、先頃、新しいブックレットを出しました。
 題名は、講演の題名と同じで「甲状腺がん異常多発とこれからの広範な障害の増加を考える」です。前作の「低線量・内部被曝の危険性」の続編となっています。
 
 今回は、福島県の「県民健康調査」のデータを科学的に分析し、すでに公表されている「小児甲状腺がん」の異常多発(アウトブレイク)にとどまらず、様々な健康障害が増加することを科学的にあきらかにし、国や福島県に速やかに対策を取ることを訴えています。
 当日は、新刊本などの販売もいたしますので、ぜひ、ご参加ください。
 *第4回公聴会はこちら→ http://utukushima.exblog.jp/21695772/

 よろしくお願いします!

a0224877_15320613.jpg

甲状腺がん異常多発とこれからの広範な障害の増加を考える
医療問題研究会 編著

●A5判 並製 151ページ
●定価1,296円(税込)
●ISBN978-4-86377-040-9

去る5月18日、福島「県民健康調査」甲状腺検査評価部会は、112人が甲状腺がんと判定されたことを、他の統計と比べ「数十倍のオーダーで多い」と公式文書ではじめて「多発」を認めた。

前著「低線量・内部被曝の危険性」でこの事態を危惧し、危険性を訴えてきた医療問題研究会が、これまでの知見を踏まえ、「健康調査」のデータを科学的に分析し、福島の実態を見据えつつ、甲状腺がん多発の正確な評価を示し、これからの広範な障害の増加に警鐘を鳴らす。

被ばくの現実に真摯に向き合うことなく、また被害の最少化に努力しようとしない政府・原子力ムラの姿勢は今すぐ正されなければならない。

目次

第1章 甲状腺がんの異常多発
第2章 チェルノブイリと福島の放射線被ばく量の比較、甲状腺がんと放射線量の関係
第3章 甲状腺がん多発をごまかす「論拠」
第4章 低線量被ばくの危険性
第5章 チェルノブイリ事故による甲状腺がん以外のがん
第6章 広範な健康障害について
特別編 ベラルーシ・ドイツ訪問記
資料編
おわりに



トラックバックURL : https://utukushima.exblog.jp/tb/21744953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by fukushimakyoto | 2015-10-25 13:01 | 公聴会 | Trackback | Comments(0)

福島原発事故、東日本大震災により京都に避難してきている避難者と支援者でつくっている「うつくしま☆ふくしまin京都」のブログです


by fukushimakyoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30